アーシャのアトリエ 〜黄昏の大地の錬金術師〜

10年近く積んでたアトリエシリーズの相当な旧作。
本体が限界近いんで、そろそろPS3レビューの追加も終わりとなるでしょう。


俺的な印象


ここまで違うとは(´・ω・`)


アトリエ
シリーズってプレイしない人達にとってはどれも同じに見えると思うんですよ。
実際自分もメルル→ソフィーで相当な期間が空いたのもあって、気が付けばそんなイメージ持ってましたし。


でまあ、去年超久々にソフィーでアトリエ復帰。
面白かったので今年は半ば封印状態だったアーシャを引っ張り出してプレイ。


・・・かなり違うんですよね。
ベースとなる錬金システムとか、RPGの核といえる戦闘なんかも。

仮にアーシャ終わった瞬間に別のアトリエ始めても飽きない気がする。


一時期アサシンクリード並みにアトリエも乱造されてたものですが、実際は相当な努力してたんですなぁ。
・・・それともアーランドから黄昏になった関係で大幅に変わっているのだろうか。

アトリエシリーズ自体のモチベが上がってるんで、そこら辺の違いも後々(自分で触って)説明できる日が来るでしょうな。


最近ライザの太もも、要はエロで復活を遂げたシリーズですがゲーム性もあなどれないと思います。
久々に国内RPGやりたいけど何かないかな、と思った人は安価なアトリエシリーズの何かを触ってみる・・・悪くない選択肢かと。




ストーリー。
期限がある影響か(前回プレイした)ソフィーよりはストーリーしてた印象。

「行方不明のニオを助ける」のがメインなのに、ニオ自身が頻繁に登場するため悲壮感がまるでないのは・・・賛否両論か?(´∀`;)

存在感を出すために(救出前でも)登場させるって点は理解できますけど、だったら昔話みたいな演出を使ったほうが良かったような気も。

行方不明なのに普通に会話しちゃってるのは私的にはやりすぎに感じたかなぁ。
意思疎通ができてたら、もうそれ行方不明って言わないだろうし(´・ω・`)


他キャラのイベントに関しては(新シリーズ1作目なのもあって)キャラ数自体が絞られていて、ゲームとしての難易度で考えると理想的かと。
ノーヒントでもほぼ全員トロフィーまでのイベント見れるでしょう。

ユーリスの一部イベントのボス戦がちょっと厳しいくらいか。
まあそれもソフィーに比べりゃだいぶ優しいと思いますが。



その戦闘に関してですが・・・後述の錬金の仕様がシンプルになったのもあって、ソフィーよりはだいぶ簡単なイメージ。

要は(品質なぞ無視で)キッチリ効果を発現させてるアクセサリで固め、強力な潜在能力を付けた砥石などを武具に使用するだけですからね。


またアイテム(の性能)がMP依存になった影響で、攻撃アイテムの連打が非常に難しくなり、代わりにゲージ溜まるだけで出せる必殺技が強力。

回復アイテムの精度だけに注力し、攻撃はアーシャ以外に全ておまかせで最初から最後までいけるため、この点でもシンプルになり初心者には良かったか。


その他気になったといえば・・・各数値の低さですか。
RPGというジャンルで見ても、非常に低い値で統一されているというか。

レベル43のウィルベルの最大HPが68しかなかったですからね。
ファミコン時代からRPGやってきてる自分でも、この低さはちょっと記憶になかったり。




錬金について。

錬金レベル35で覚える「力を移す」がブチ壊れ性能なので、錬金レベルを早い段階から気にしてる人ほど簡単なイメージかと。

そして↑でも書いたように、かつてないほど品質の存在意義が低く、効果の発現だけ気にしてれば概ね○。

回復アイテムさえ大量に持ち込めば、あとは持久戦→必殺技連打でどんな敵も突破できる=回復アイテムと装備関係の砥石&染料くらいしか必須といえる錬金部分がないのも、シリーズ初心者向けになってて良かったかと。

ただやはりというか、アトリエを熟知してる人以外はあんま楽しくないんじゃないかな?今作の錬金は。

品質がどうでも良いため、高品質の素材をかき集める楽しさがないんだよね。
しかも店レベル上げれば(特にバザーは)普通に高品質の素材売られるし。

ドンケルハイトがこんな簡単に手に入るアトリエってたぶんアーシャくらいだと思うオレ。


限界まで装備品や攻撃アイテムの性能を上げるタイプの人は、いつもどおり楽しめるかと。
そのレベルまでいくと品質も大事になるでしょうから。

自分は本編ボスさえ倒せればOKだったので・・・ニオの店とスタインフェーダーのオーラストーン「赤気の力」だけで全て何とかしました(´∀`;)




その他プレイ環境とか。
大昔のゲームなんで仕方ないですが、全体的に動作がもっさりしてますな。

システムも洗練不足で、仲間勧誘は(バザー時以外)直接キャラがいる街に出向いて誘う必要が。

各地の依頼に関しても(酒場などは存在せず)全て自分の足でかき集める上に、一度聞いた依頼をメニューやらで確認する方法がないという。

アトリエワープ可能な転移の翼も終盤にならないと作ることができず、依頼に関しての移動で日数取られたイメージが凄く強く。

しかも思い出ポイントの関係で、依頼をこなすことがアーシャのパワーアップに直結するため、財布事情とか関係なしにやらなければならない、と。


思い出ポイントといえばチラシのノーヒントも厳しかったか。
採取地のは固定なんで問題ないですが、ワールドマップ上のは・・・たぶん特定のイベントこなしたらランダムに落ちてる、とかだよねぇ。

全部で何枚あるのかも不明ですし、もうちょっとユーザーに配慮が必要だったのでは。


あとは・・・他レビューでチラホラ見かけた(演出がかったるい)品評会か。
確かに長いですけど、簡単に優勝できる分まだマシだった印象。

それよか回数が多い上に全部優勝がハリーEDの条件なため、何をしてる最中だろうが開催されたらフィルツベルクに帰らないといけないのが・・・。



レビューのレビュー(フリートーク)です


なぁ、みんなはどこに常駐してるん?(´Д`)


漠然とですが、最近新規の獲得を考えてるわけですよ。

でまぁ、どういう過程であろうが広告活動が必要なわけじゃないですか。

で、狙うのは30〜40代でまだゲームやってる層。

若いのは(昔どっかのフリートークにも書いたけど)もう世代の差が酷くて、根本的に無理だと思うのよね。

ホームページどころかブログだって体験してないような連中が多く、ゲームやるにしてもスマホがメインなわけじゃん?
据え置きやっても任天堂くらいだと思うんよ。

この辺の人達にこのレビューサイトって需要ほぼゼロじゃん。


だから同年代を考えるんだけど・・・普段ネット上のどこにいるのさ。

自分を基準に考えると5ちゃんとかyoutubeなんだけどさ(何度も書いてるように)オレってVチューバーか野球のスレにしかいないんだよね。

あまりゲームと関係ないんだよ。
Vチューバーは結局のところゲーム実況者ってだけなんだけど、ここにいる連中って「他の人間がゲームやってることに関心ある層」だから、ゲームの「感想」じゃなくて、リアルタイムの「反応」を求めてるんだよね。

自分の好きなイベントでこの人はどういう反応するか、みたいな。


んでyoutubeのほうだけど、視点がオレに近いんだよね。
ゲームの動画とか出してるほうも、客を獲得したいから。
自分が客になること考えてないから。


あとツイッターとかもあるけど・・・ゲームのこと「しか」書かないような人ってほとんどいないから、探すのクソ難しい。
ゲーム「にも」触れてる人間が無数にかかるだけ、というか。


昔はゲーム用の検索エンジンとかあったから、ここに集まるってすぐわかったものだけど・・・今ないじゃん。
それともオレが知らないだけで、後継といえるような何かとか存在してるん?

ゲームに限ったことじゃないけど、映画だの本だの物語の感想への需要って永久に続くじゃん?
だから絶対どこかにその手のを探してる人達っているはずなんだけどねぇ。


やっぱオレのほうがyoutubeでのレビューとか、スタイル変えなくちゃいかんのかねぇ。

youtubeって何気に文字を並べるだけの動画でも結構需要あるの知ってるから、アリといえばアリなんだけど。

まあゆっくりボイスの勉強くらいは必要になるが。


あとは昔チラっと書いた気もするけど、出張か。
別のレビューサイトに自分の名前でレビューを書いてみる、みたいな。

今って「ゲームレビュー サイト」みたいなので検索すると、1個人で運営してるとは思えないような大規模レビューサイトが最初のほうに出てくるのよ。

そこで少し活動してみる、とか。

ただ問題なのは、もうアクセスカウンターってものが滅んでるから、そういうサイトに一体どれくらい人が集まってるか(ユーザー側が)知る方法ないって点。


ちなみにユーザー投稿型で大昔からあったMk2は数年前に更新停止した様子。
あの規模のサイトでさえ終わってしまうってことは・・・やっぱ文章でやっていくこと自体が厳しいのだろうか。


苦難は続きます(´・ω・`)



   
inserted by FC2 system