仁王2

2022年11月のフリーソフト。
最近無料ゲーばかりで、もはやフリーソフトレビューサイトと化してる気がする(´・ω・`)


俺的な印象


マニア向けファンディスク


色々考えたんですが、これが一番しっくりくるかな、と。

前作を何周もして、装備の厳選やらもガッツリやって、1000時間を超えるくらいプレイしている。
それくらいやりこんだ人にとってはデータ上の変更点やらも見抜けるでしょうから、ちゃんとした新作ゲームなんだと思います。


ただ当然ですが、そういう人ってごく一部じゃないですか。
ハクスラ要素があるシリーズとはいえ、全体の1割か2割程度いれば多いほうじゃないですか。

ほとんどの人が


・難しくて進めなくなったら終わり
・本編クリアしたら終わり
・DLCクリアしたら終わり
・トロフィーコンプしたら終わり


このどれかであると。
下2つなんかは一般的に見れば十分やりこんでるといえるレベルでしょう。

そして自分も修羅関係のトロフィー以外は全て埋めたくらいにはプレイしてるんで、全体から見ると十分やってるんですよ。

その自分から見てもやはり


何も変わっていない


こう言わざるを得ない。

ただステージ、敵キャラ、攻撃モーションなどの使いまわしはまだ許せなくもないんですよ。
これらは物理的な時間や金が必要なわけですから。
「なかったらどうしようもない」んですよ。


ただ問題はアイデアで何とかできる部分ね。


何も変わっていない


工夫でどうにでもなる部分すら全部使いまわしでしょ、このゲーム。
具体的にはステージのギミックとか。

死角に敵が潜んでる、宝を取ろうとすると急に出てくる、天井に張りついてる、特定の地点を通ると岩が転がってくる・・・何もかも同じじゃない。

サブミッションの構成にしてもそう。

本編使いまわしのボスが最後に出てくる、所定の位置に到達する、ウェーブ戦、武将との一騎打ち

ほとんどにおいて「前作ユーザーは最初から知ってる」んですよ。
本編全部を見返してもたたりもっけのステージくらいしか、新しいギミックといえるようなものが存在しないんですよ。


これが意味不明。

シリーズモノだから前作をベースにするのはある程度大事だと思いますが、前作と同じものを提供してどうするのかと。
しかも本来フルプライスなんですよ、コレ。


そしてさらに印象を悪くしたのが芸能人の起用。

別に竹中直人や波瑠がキライというわけじゃありません。
この手にしては演技も十分聞けるものだったと思います。

ただ当然相当な金をここで使っていると、誰でもわかりますよね。
んで肝心のゲーム本体がコピペ祭りなわけですから「そこに金かけるんなら、ゲームにもっと手を加えろ」となるわけですよ。
優先順位がグチャグチャなんですわ。



そして新要素。

・・・本当に「要素」でしかない部分ばっかりなんですよ。

キャラクリ、すねこすり、アイテム交換のすだま、中陰の間、茶器など数を挙げると結構出てくるんですが、どれもアクションと関係ないんですよ。
もっと端的に言うと、なくても問題ないんですよ。
前作の知識「のみ」で全てクリアできるんですよ。

アクション要素で増えたといえば妖怪部分ですけど、これも主役ではないでしょ。
(選択してる妖怪にもよりますが)ゲージ制なんで機会が限定的でしょ。

要は普通にゲームしてて前作→今作で変わったメインの動きってのが1つしかないんですよ。
ゲージ1つ分しか消費しないカウンター攻撃は気軽に打てるんで、ここだけが新規、これしか普段増えた行動がないんですよね。


これが個人的に一番足引っ張ってると思ったり。
新作を作る上であまりにも保守的すぎる。


失敗して戻したとはいえ、ダクソ1→ダクソ2の際って戦い方変わったじゃないですか。
二刀流とかも増えましたけど、回復に大きな変化があって立ち回り自体が1と違うじゃないですか。

1は仁王シリーズと同じで、HP減ったらエスト瓶、いわゆる仙薬を飲んで回復。

でも2で同じことやるとエスト瓶のモーションが遅すぎてやられるじゃないですか。
敵がいる状態でエスト使うこと自体が運ゲーになってしまうと。

なので代わりに雫石という回復アイテムを利用。
ただこっちはモーションは早いものの回復スピードが激遅で、HP減ってから使用しても大抵は手遅れなんですよ。

その影響で、2のボス戦なんかは「ヒマがあったら石を砕く」んですよ。
雫石自体は簡単に手に入る消耗品なので。

HPがゆるやかに回復する状態を維持しながら戦って、大きく減ったら離脱して(回復するのを)待つんですよ。
あるいはボスが大きいモーションの技使ったらエストを飲んだり。


これは失敗した仕様なので真似ろとは言いませんけど、何かしらでこういう「普段の行動が変わる」変更点の1つくらいは用意できなかったのかと。
攻撃モーションやらが同じでも、戦い方が変わるだけで新作って感じになるじゃないですか。


最近ウォーロンとかいう、三国志版の仁王を出したのもあり、今後はこちらがシリーズになるかもしれません。
仁王3になるのかウォーロン2になるのか知りませんけど、新作を出すのなら最低限の「新作らしさ」くらいは用意して欲しいと思ったり。




こっからは新要素を中心に1つずつ感想を。
まずは一番目立ったであろう常闇から。

早速というか、冒頭で書いた印象そのまま。
何の工夫もないと。

あれだけ数があるのに全てにおいて効果が同じ。
なので(新要素なのに)いくらかプレイするとマンネリを感じてしまう。

数に見合うだけのバリエーションを用意すりゃ良かったんですよ。
「気力減らなくなるが強攻撃以外使えなくなる」とか「制限時間内に敵全滅」とか「敵に気づかれることなく所定の場所に到達する」とか。

たくさん用意すると大抵クソみたいな要素が1つ2つ出てくると思いますけど、それにしたって「そこの常闇限定」でしかないんで不満というほどにもならんでしょ。

どうしても悪評酷いならアプデで消すなり変更するなり処理をすれば良いだけですし。

ただまあステージの常闇は別に問題ないというか、現状のままでもギャーギャー言うほどじゃないんですよね。
問題はボスが定期的に発動させる常闇。


シンプルにアホ


このシリーズってダクソみたいにボスに張りついて戦うってあまりないじゃないですか。

特に中盤以降は連撃や範囲攻撃、ガード不能攻撃などが酷くなりますから、距離をとって様子見て、チャンスがあったら攻撃にいってすぐ離脱。
基本どのボスもこの繰り返しじゃないですか。

そして(チャンスがあった際の)接近→攻撃→離脱の全ての行動で気力が必要になるじゃないですか。

その気力にデバフをかけてしまうと。
素人でもテンポが悪くなるってわかるんですけど、どういう意図でこの仕様にしたん?

どのプレイヤーも生きることを優先しますから、絶対に攻撃頻度下がるでしょ?
TOPで散々「ボスが固い」って書いてましたけど、まさにこれが理由ですよ。

常闇出されると攻撃できなくなるから、その分ムダに時間がかかるの。


DLC終了後に結構ボス攻略動画も見たんですけど、終盤のボスなんて総じて「常闇出されたら回避に専念しましょう」ですから。
攻略動画作れるほどのスキルがあるプレイヤーから「攻撃にいかないのを推奨される」時点でこの要素失敗ですよ。

重装でやってるプレイヤーなんて、マジで常闇中は何もできないんじゃない?


「結界符あるだろ」って意見も当然あると思いますが、個人的には時間制限&個数制限があって、全てのプレイヤーが気づくとは限らないって時点でう〜んとなってしまう。

何より仁王1のレビューでも書きましたが、補助前提って好ましくないんですよね。
毎回その部分が手間になってしまうから。

ボス瞬殺動画などで、対戦前にバフを自分にかけまくるってのはまだ理解できるんですよ。
一時的にプレイヤーを強化しまくって、その勢いで一気に叩くわけですから。
「こういう戦い方もある」ってなるので。


ただこの常闇に対する結界符の考え方は、全てのプレイヤーが対象になってしまいますから・・・やっぱムダな要素だと思いますわ。




妖怪技全般について。
今作で唯一評価できる部分といえますかね。

ゲージ制なので気軽に出せはしないものの種類は膨大で選ぶ楽しさがあり、各種武具と同様こちらもハクスラ要素あり。

そしてなかでも良かったのが「気力依存のシステムではない」って点。

攻撃などで気力を使い切っても続けて妖怪技を出し、なおかつ妖怪技の最中に気力が回復→すぐ次の行動に移れる。

これですよ。
これこそが自分が求めるテンポの良さ。

そして多くの妖怪やボスは攻撃してものけぞりませんから(攻撃を続け過ぎると)反撃されるリスクがある=ゲーム制も失われてないと。


ただ気力ゼロで息切れしてようが出せるってのは、さすがに賛否両論だと思いますけどね。
組み打ちのリスクが大幅に下がるんで。


もう1つ、3つの属性が用意されたり専用の半妖スキルが作られたりと、やたら細かく色々変わった変身部分。
これは正直前提となる調整がミスってるような気が。

・・・火力上がらなくね?
変身前と変身後で火力にほとんど差を感じない。

前作は(守護霊にもよりますけど)変身してボタン連打してるだけでも、少なくとも変身前よりは強くなってるイメージでしたが、今作で同じことすると何も変身前と差がなし。

それどころか猛で同じ程度なので、それ以外の属性だと火力下がってる気さえ。

「色々用意したんだから活用しろや」ってのも理解できなくはないですが、そもそも↑に挙げた妖怪技に比べはるかに出番が少ないので、しっかりそこまでやりこもうって気にもならないんですよね。

単に変身中は攻撃受けてもやられない・・・このくらいの認識で変身してたユーザーも多いと思うのです。

武技などに比べ解説動画などが圧倒的に少ないところから見ても、妖怪状態をやりこんだって人はほとんどいないんじゃないかなぁ。




ステージについて。


全部使いまわしでも良かったんじゃ(´Д`)


ってくらい新鮮味がない。
↑で書いたようにギミックに新しいものが何もないから。

目を見張るような景観のステージもおよそ存在しませんし、ハクスラ要素の影響で繰り返し同じステージをやりまくるから記憶に残る、ただそれだけの印象。

こうやって全て終わった後だと「使いまわし75%くらいでも良かったから、その分敵キャラなどに時間を費やして欲しかった」と思うくらい。


その使いまわしステージに関しても、別に感想も何もなく。

前作から期間が大して空いてないですからね。
前作が10年前とかなら懐かしさで評価が上乗せ・・・なんて可能性もありましたが、3年程度では。

前作も当然ハクスラ要素あるんで、大抵のユーザーは記憶に残ってるでしょうし。

ま〜ったく画質が向上してないのは、ある意味では良かったか。
仁王2から始めたユーザーからすると(仁王1ステージとの差がないので)全部新規に見えることでしょうから(´∀`;)




すけびと(義刃塚)について。
個人的には初心者救済要素として○だと思ってはいますが、世間の評価は割れたんじゃないかなぁ。

この手の鬼畜ゲーやる人なら全員同意するでしょうけど、タゲを分散してくれるNPCが1人いるだけで劇的に難易度下がるじゃないですか。

そのNPCが(オン繋ぐだけで)そこら中に配置され、大したアイテムも必要なく呼び出せて、しかもステージごとの回数制限もなし、と。

散々書いたように今作そのものに新しい要素が大してない影響で「仁王1を知ってるユーザーが道中ですけびとを使う」プレイをすると、初めてのステージでもほとんど死なないんですよね。

いくらか使ってたんですが、あまりに楽勝になってしまったのでオレでも封印しましたわ(´∀`;)
ってかすけびと使うなら、今作って(前作は地獄だった)軽装でもいけるんじゃないだろうか。


その一方、初心者救済システムとしてみると

・攻撃力は低め、HPは高めという設定のため、手助けにはなるけど自分も攻撃参加する必要がある

・他ユーザーのデータを持ったNPCが呼び出されるだけなのでゲームの過疎化などとは無縁、また自分がいくらヘタだろうが他ユーザーに迷惑がかからない


この2つが好印象。
特に後者。

日本人は相手に迷惑をかける行為を全般的に嫌うため、ヘタな人ほど他人に頼るのを躊躇しがちなんですよね。
ダクソのソラールが人気なのってここも1つの要因だと思いますし。

NPCとして優秀で、かつ自分がやらかして再戦になった場合でも誰にも何も迷惑かからないじゃないですか。


今作もそれと同じで、気軽に好きなだけ、道中だろうがボスだろうが助けを借りることができる。

社に多く集まる傾向が強いため「すけびとと共に道中の敵を全て倒しながら進行。ゲージ満タンになってすけびと去ったら社まで戻って別の人を呼び出す」というプレイの仕方をすると、安全かつアムリタもガッツリ稼ぐことができる。

血刀塚も全て倒しながら進むと、装備もお猪口も回収できる。

アムリタと装備を効率良く集められれば、初心者でも難易度を緩和することができる。

そして緩和された難易度なら1人でもやれるんじゃないか、となる。

ここまで辛めな感想が続いてる今作ですが
最初に手にとる鬼畜ゲーとしては間違いなくオススメできると自分は思ってたり。

鬼畜ゲーなのに任意でだいぶ難易度を下げれますから。




ストーリーの感想。

これに関してはオレだけが感じてることじゃないでしょう。


前作のほうが良かった


理由は簡単で、最初から最後まで主人公と藤吉郎の物語なのに、藤吉郎に一切の見せ場がないから。

裏では頑張ってたのかもしれませんが、少なくともユーザー側からみると


ゲーム開始当初から主人公に引っ付いて、主人公の活躍に乗じて出世して、勝手に霊石でイキって死ぬ


これだけなんですよ。

ゲーム上において一緒に戦う機会はゼロ、ストーリー上でも主人公の危機に助太刀したり・・・みたいな場面は皆無。
「カッコいい藤吉郎」ってシーンが1つも存在しないんですよ。


こんなザマでラストのラストで「オレがついてるぞ」と、サルの守護霊が現れてゴミみたいなダメージ与えても感動も何もないでしょ。
超展開でも良いから、本人が直接助けに来いと。
最後くらい活躍する姿を見せてくれと。



あと織田信長ね。
中盤あたりまで史実どおり信長の家来として物語が進みますから、この人も中心人物の1人といえますが


あまりにも扱い方が半端すぎる


こちらも理由は明白で「ムービーでしか出てこない」から。
信長の下で戦っているという感覚がものすっごい薄いのね。

しかもその上で(代表的な戦であろう)長篠の戦いがない、盟友の徳川家康が出てこない等、信長の歴史として見ても凄い大味でしょ。

こちらにしても(藤吉郎と同じく)直接一緒に戦わせれば良いんですよ。
そもそも柴田勝家がガンガン前線に出てるじゃないですか。


歴史知ってる人ならわかるでしょうけど、この人って織田家筆頭家老なんですから本来メチャクチャにエラいんですよ。
今作だけ見ると蜂須賀小六とセットで扱われてるような印象になりますが、実際は比較しても意味がないほどに勝家のほうが立場も功績も上なんですよ。


その勝家があの使い方なんですから(総大将だろうが)信長も直接戦わせて全然良いと思うんですがね。
実際サブミッションで対戦しましたけど、信長の各種アクションなんて仁王1からコピペで終わるんですから。



その他印象に残ったのはラストのラストで仁王1に繋がった点ですか。
これは主人公が人間じゃないのをうまく利用できてて○だったかと。

ただマリアは・・・正直1のDLCやってても今回の扱い方がよくわからなかったり(´Д`)




DLCについて。
全体的に見て前作よりは好印象。
なかでも妖怪ボスが大半を占めたのが良かったかな、と。

前作は人間ボスだらけ。
誰であろうが「最初はモブと同じような挙動→ダメージ与えると守護霊付けて飛び道具」の完全ワンパターン。

クリア前提のDLCなのでボスそのものが高性能、難しいだけで単純に面白くなかったと。


それに比べればだいぶ良くなった印象。
ただ・・・今度は簡単にしすぎた感もありましたけどね。

ラストの禍夢の鬼とかゲーム序盤で出すべき弱さでしょ。
↑でも挙げましたが密着してボスと戦うってのがあまりないゲームなので、そこに気づくのが遅れた人には厳しかったのかな?

一度気づいてしまえば「何か攻撃きたら前に避ける」だけでほとんどダメージ受けず。
攻撃のタイプとか関係なしにこれで完封できるので、自分に限らず「DLCラスボスが一番よえーんだが」な人は多かったことでしょう。


あとは・・・当時どれくらい話題になったのか知りませんが、1のコピペボスか。

本編の時点で使いまわしオールスターだったので、プレイヤーのほうが既にマヒってたのでしょうが「フルプライスのゲームにさらに課金させて、出てくるのは1のコピペ」って炎上しても文句言えないですよ。

超えちゃいけないライン超えてると思います(´Д`)
まさにコエテクとしか言いようがない案件。

自分に限らず比較対象としてダクソを考える人は多いでしょうけど、この部分はガチでダクソ真似てください。




その他プレイ環境とか。
前作の良かった点をほぼ引き継いでいるため優秀、かつソロプレイならポーズがかけれるよるに。

自分はPS4のHDMI端子が不安定なため、稀に映像が切れるんですよね(´∀`;)
なのでポーズ機能の搭載は死ぬほどありがたかったり。

ボスへの再戦なんかでも、ダイダラボッチなど一部ボスは目の前に社を用意したりとさらに親切設計に。
自分はトロフィー目的でしたけど、それを抜きにしても2周目ダイダラで武器熟練度を手軽に上げるのは有用だと思うんで、ここには多くの人がお世話になったんじゃないかと。


また地味に面倒だった(ボス戦における)刀塚回収がエリア侵入で自動になった点も○だったか。
アムリタとか以前に守護霊装着しないとパワーダウンする仕様なんで、どうしても回収する必要がありますからね。

前作の飛縁魔みたいに登場時に呑気にポーズとってくれるボスも今回はいませんし、何気にこれが一番の改善点なのかも。



唯一の欠点はたまにオンライン反映が遅くなることですか。
ステージ入ってしばらくしてから血刀塚とかが出現することありますからね。

ずっと繋いでてもたまに起こるんで条件がよくわからなかったり。



レビューのレビュー(フリートーク)です


急募:イライラした自分を急速冷凍させる方法


特にイライラしても仕方ない、しょーもないことでイライラする自分を抑え込む方法ヽ(`Д´)ノ

例えば(仕事で)バイト勢がやらかしたりしてオレが頭下げることになる。
これはイライラしても仕方ないって自分で思えるんですよ。

自分がミスったわけでもないのに自分が謝罪するハメになるんですから。
イライラして良いかはともかく、イライラする自分に納得はできるんですよ。


ただ加齢とか色々あってか、しょーもないことでイライラするのね。

もう結構前になりますが、親の過干渉に困ってるってのを何かしらのレビューで書いたと思いますけど、例えばコレね。


オレが風呂を使うと親がその後チェックしにくる
オレが掃除機使うとその後親がチェックに〜
オレが皿洗いするとその後〜


みたいに、全てにおいてオレのことを管理してくるのよ。
ちょっとでも粗があったらゴチャゴチャ言いたいんでしょう。


で、これ自体は昔に相当調べてるんで「精神疾患の一種」ってわかってるんですよ。
こっちがなにを言ったって治らないんですよ。

ある意味どれだけ家族が「免許返納して」と言おうが聞かずに運転して事故起こす老害と同じなんですよ。


問題は実害自体はほぼゼロなのにイライラしちゃうこと。
気分が悪い、以外には特に何もないんですよコレ。

原因も調べてますし即効性のある解決策もないのにイライラしてしまう。
まさにしょーもないんですよ。


似たようなこととして「とにかくマウントを取りたがる、常に人の上に立ってモノを言いたい」典型的な老害といえるバイトのBBAとか、オレが直接言われてるわけでもないのにイライラしてしまうことがあるんですよね。

これなんて関係すらないですから。
「気分が悪くなることを見せられてる」だけなんで、見なきゃそれで終わりなんですよ。
まさにしょーもない。


で、例によって調べるわけですよ。
「小さなことでイライラしてしまう」とか、そんなワードで。

解決策を書いてるような記事が無数に出るんですが・・・ヤバいくらい役に立たない。

↑で書いてるように急速冷凍、つまり即時効果があるような解決策が欲しいんですよ。


1.よく寝る
2.太陽の光を浴びる
3.趣味に没頭する


仮に仕事中にイライラして、これらを実戦できるかっていう(;´Д`)
すぐに実行できるものとして深呼吸だのも挙げられてましたが、こんなのは調べなくても誰でも思いつくわけで、やはり意味はなし。


要するに無理ってこと?
実際すぐキレる中年とか問題になってますし、薬でも投入しない限りどうにもならんということか。

まあ今の日本で麻薬なんて解禁したら、もの凄い勢いで中毒になる人出てくるでしょうけど。


なんか結局政治が悪い、とかそんな話になりそうなんでこの辺で。



   
inserted by FC2 system inserted by FC2 system