ペルソナ5

アトラスの看板シリーズ第5作目。
2020年における自分のベストゲーです。
まだ6月だろうが確定です。


俺的な印象


傑作ヽ(´ー`)ノ


褒めるべき点は多々あれど、何より
露骨に劣化した箇所が全くなかったのが実に素晴らしい。

前作ペルソナ4がPS2の作品。
VITAで完全版が出たとはいえベースはPS2。

今度はPS3と4のマルチ。
あくまで3がベースでしょうが、それでも開発費は絶対に跳ねあがってるわけですよ。

そんな中でも何1つ手を抜かなかった。
DLCこそあれバンナムのような切り売りは見受けられず、スクエニのスターオーシャンのような素人が見ても予算削ってるのが丸わかり、なんてこともなし。

スマホ業界やらに押されて据え置きが売れなくなり、ネームバリューだけで目先の利益を得ようとする手抜きゲーが散乱する中、作品と呼べるだけのものをちゃんと提供してきただけでもオレは称賛したい( `ー´)ノ


いやもう、マジで最近の国内ゲーって酷いでしょ。
有名ドコでも従来のクオリティ維持してるのってドラクエとソウルシリーズくらいじゃない?

FFは7リメイクが10年かかってミッドガルしか用意できず。
RPG以外でもスト5は見切り発車が酷すぎて、普通の格ゲとして遊べるまで数年かかり。
割と最近ではサクラ大戦が旧シリーズのファンを切り捨てるような内容+ハリボテのような手抜き作品だとか。

サガやブレスオブファイア、ヴァルキリープロファイルなど、長く続いたシリーズでもスマホにガンガン飛ばされ、テイルズや無双は急激に出るペースが遅くなり、アトラスにしても本家女神転生の4は携帯ハードの3DSで登場。

おもしろいつまらん以前にこっちが要求する最低限のレベルにまで届かないと。


ストーリーの欄で特に強く書いてますが、今回(前作に比べ)大人向けになり、そこそこ人を選ぶ内容なんですわ。
なので「合わなかった、つまらなかった」って意見は多少なりとも出ると思うんですよね(まあ4が全ての人間に受け入れられたってわけでもないですけど)。


でも
ゲームとして酷かったって印象はおよそ無いんじゃないかなぁ。
こんだけガッツリ作って、なお〇〇が物足りない・・・みたいな批判はちょっと考えられないかな、と。

むしろいつまでも終わらないボリュームに文句言う人のほうが多いくらいなのでは。



国内RPGを好む人、かつ未プレイな人は(かつての自分もそうでしたが)偏見せず触ってみてはどうかと。
完全版が出た影響でこの無印はかなりの安価で買えますし。

ただ本気で長いんで、あまり時間がない人+他にやりたいゲームが多い人なんかは、先に他ゲーを片付けたほうが賢明だとは思います。

自分は面白くてクリアまでずっと継続しましたが、この手のはたぶん一旦放置しちゃうと復帰できないかなぁ、と。



んじゃグラフィックから。


素晴らしいヽ(´ー`)ノ


質がどうこうではなく、女神ユーザーとしては東京の各地を自分の足で歩けるのがまず素晴らしいヽ(´ー`)ノ
スポットのみでの登場でもアサクサ、イケブクロ、ギンザと懐かしの(?)地名が出てくるだけでウキウキですよヽ(´ー`)ノ

そしてダンジョン。
4で理想として語ったとおりにメインダンジョンはしっかり作りこまれ、クエストは自動生成に。

さらに悪魔。
4の使いまわし祭りだったシャドウと違い、いつもの悪魔たちが敵として登場。
ほとんどが既存悪魔ですが、なかには戦車シュウあたり珍しい連中も。

覚えてる人も多いでしょうけど、ソウルハッカーズでナオミが使った「戦の魔王」のモデルとなってる悪魔。
普通に悪魔として登場したのは初代デビルサマナー以来じゃないでしょうか。


他にも4に引き続き「コーヒーを淹れる」「じゃがりこを食う」「けだるそうにスマホを眺める」など、実に多い固有アクションの数々。
(PS3とマルチなのもあって)ドラクエ11のような見た目のインパクトはないですけど、細部までの作りこみは脱帽モノですわ。


あー、あとアニメムービーの多さなんかも見所の1つと言えますかね。
そんなメチャメチャにクオリティ高いわけじゃないですけど、ゲーム全編にわたって挿入されるのは良かったかと。
大抵のゲームって序盤だけガッツリ用意されて、あとはEDまでスカスカ・・・ってパターンですからね。




音楽。
今回もと〜っても高品質。
それは確かです。

ただ・・・個人的には前作のほうが好きだった。
今作にも好きな曲はもちろんありますけど、全体的には4のほうが好き。

まあ暫定的な評価ですけどね。
4は完全版、5は無印でプレイしてますから。
いずれプレイするロイヤル(の追加曲まで聞いて)あらためて評価、になるでしょう。


あ、お気に入りは




パレスボス戦のコレ。
一瞬だけ盛り上がるのと、そのギター部分が何とも青臭い(?)のが好きというか(´∀`;)




CV(声)について。
実績十分なメンツでガッツリ固めた感じ。

最近の声優がロクにわからない自分でもほとんど知ってましたから。
声だけじゃわからん人でもシャアやピカチュウやキョンなどと言われたら多少ピンと来るものがあるはず。

でまあ、高齢な人が多いわけですが・・・ビックリするほど衰えてなくね?
池田秀一や保志総一朗など、10年はまともに声聴いてなかったような人が結構いましたけど、なんにも変わってないというか。

ドラゴンボールやルパンとかの動画見てると「やっぱ歳には勝てないか」と思うようなこともありますけど、頑張ってる人は頑張ってるのな。
あと・・・事務所の関係だとは思いますけど、ToHeartやホワイトアルバムといったアクアプラスの作品に出てる人多いねw

前述の保志総一朗と大谷育江が共演してると、どうにも初代ToHeartを思い出してしまう(´∀`;)




ストーリー。


個人的には質が落ちてないと思う


4がペルソナシリーズのピークだったって言われても何の違和感もないくらい素晴らしいシナリオだった4。
もうどうやってもハードルがメッチャメチャに高くなるわけですよ。

世間の評価は(まだ調べてないので)知らないですけど、個人的には負けないものを提供できたんじゃないかと。

正直なところ、粗い部分も感じましたよ。
↓に書いてある明智の件、あとはシドウとその後の展開ね。


急展開など無しで、そのままシドウで終わるべきだった


これ。
正確にいうとシドウの改心やその後の世の中などをキッチリ描写してED、って流れ。

シドウの件ってうやむやにされましたからね。
いきなり管理者が沸いて「変化を求めぬ愚民どもめ」みたいな感じで。
んで気が付けば全てが大衆のせいにされる、と。

あれほどの大物なんですから、マスコミが真実を隠す。
別におかしくないですよ。
それも怪盗団が何とかすれば良いだけなんですから。
その部分もしっかりゲームとして組み込めば良いんですから。

なんならラスボスが(世間を操るという意味合いで)マスコミの元締めみたいなヤツでも構わないくらいですよ。


そりゃ往年の女神ファンからしたらラスボスがYHVH(=ヤルダバオト)なこと自体は嬉しいですけど、無理に組み込んだ感がねぇ・・・。
今回って正義と悪の概念がメッチャ強く出てたでしょ。
「悪人を探し出して改心させよう!」で主人公グループが活動してたわけですし。

だったらそのまま「人間の」正義と悪が最後までぶつかったほうがしっくりくるでしょ。
ずっとそういう流れだったのに、最後の最後で「人間が」悪になっちゃうような展開にしたら違和感出ません?

TOPでもクールダウンしたようなこと書いたと思いますが、シドウ以後がどうしても・・・。


ただシドウ「までは」ホントに文句無しのデキ。

カネシロのような「直接パーティーメンバーが被害を受けてない」相手を見つけ出して叩き潰す、みたいな展開。
それに加え「怪盗団として名を上げたいから」が悪人を探し出す理由になってしまっている状態。

ぶっちゃけ賛否両論だと思いますよ。


ただ
高校生なんですよ、メンバー全員が。
未成年。
人としてまだまだ未熟なわけですよ。


そんな連中がふとしたことから常識離れした力を得てしまった物語。
名を上げるにつれ、世間の反応が怖くなり「自分達のやってることは正しいのか」と苦悩する物語。


いいじゃないですか、年相応で。
彼らの行動が正しいとか間違ってるとかじゃなく、共感・・・少なくとも許容はできるでしょ。

有名になってきて、竜司あたりが普段の会話でポロポロ「オレらが怪盗団なんだぞ」的なことを漏らしたりするじゃないですか。
「あの年齢なら浮かれても仕方ないな」って思いません?


仮にメンバーが結婚適齢期のような大人の集団だったら、問題大アリですよ。
カモシダやマダラメのような、メンバー内に被害者がいる場合はまだ正当防衛になりますが、↑で挙げたカネシロあたりなんかは一方的な暴力と変わらないわけですから。

現実の本人が認識すらしてない状態の中、人格を書き換える・・・それで救われる人がいたとしても「コイツらがやってることヤバくね?」にユーザー側がなるでしょ。


自分が(主人公達とは歳が離れた)オッサンになった影響なのかもしれませんが、そういう認識で楽しめましたね。
なので「誰から見ても正しいこと」をしてないと許せない、ってタイプの人だとカネシロ以降が微妙になってしまう可能性もあるかと。


まあそれを抜きにしてもオクムラ(ブラック企業)とシドウ(悪徳政治家)は世間一般的なただの悪党って感じで、キャラとして薄味だった気もしますけどね。
シドウなんかは選挙演説直後に竜司が絡んだ際「クソガキ」みたいな発動堂々としてたり、単純におかしいと感じる部分もありましたし。


長々と書きましたがカモシダ&マダラメ部分は「神ゲー」、残りは「人それぞれ」といったところですか。
そして自分は↑で書いたように「コイツらは高校生だから」という認識でプレイしてたので◎だったとヽ(´ー`)ノ




戦闘。
誰もが最初に持つ印象としては
前作より格段に難しくなったと、これですな。

明らかに被ダメージが大きくなり、今までの属性からさらに念・核が増えた+祝・呪にもダメージ攻撃が追加されより細分化。
ダウンすると稀に誘拐され交渉するハメになり、ダラダラ戦闘していると敵が逃げ出し警戒度が上昇することも。

また↑でも書いたように、敵がいつもの悪魔になったためバリエーションが前作の比じゃないほど増加。
物理でゴリ押しするようなゲームではないため、満遍なく属性攻撃を所持しておくことはもはや必須。


そして最もキツイのが回復手段。
前作は金さえあればダンジョンの入口でキツネが回復してくれるため延々ダンジョンにいることも容易でしたが、今回は(最終盤以外は)そんな施設無し。

加えて(前作にあった)戦闘終了時のシャッフルのようなボーナスも用意されてないため、SP回復アイテムを溜めこんでダンジョン突入しないと(途中でSPが尽き)パレス攻略に余計な日数つぎ込むことに。


さらに大変なのが
序盤のほうが明らかにキツイという点。
メンバー人数が少ないためずっと同じメンツで戦うことになり(=SP消費が激しい)、ノーヒントの場合アクセサリ販売の死神コープが育ってない可能性も十分あり、金もロクにないためアイテム補充すら苦しい有り様。

防具を優先的に強化しないと数発でやられるくせに装備品がやたらと高額なのもあって、パレスで金稼ぎすら安定しない状態だったことも。

カモシダパレスはアークエンジェル(マハコウハ)の強シンボルさえ回避すればまだいけますが、その次のマダラメパレスは通常シンボルだろうがムドを連発してくるオンモラキがワラワラと登場。

ムドでバタバタやられてはSPをゴッソリ使うハメになり、まともな稼ぎにならないので(経験値は諦めて)バイトを多用して金を調達したものです(つ∀`)


とまあ厳しい面ばかりを書きましたが、元々女神シリーズの戦闘って難しいんですよね。
どちらかというと優しかった4が異端、単に真っ当な難易度に戻っただけとも言えたり。

今は攻略サイト&攻略動画が無数に転がってる時代ですし、常時難易度変更も可能。
最初はイージー、慣れたらノーマルなど、自分に合わせたプレイスタイルで全然良いと思うので何とか頑張っていただきたい( `ー´)ノ



では前作でも書いた戦闘に関してのキャラ感想。


・主人公
いつもどおりプレイヤーのセンスが全てのキャラ。
ただ今回はイケニエ合体によりペルソナを強化しやすいため、前作よりは攻撃方面にも期待ができることかと。

その一方、↑でも書いたように戦闘自体の難易度がだいぶ上昇してるため、属性攻撃&回復&補助のバランスを考えたペルソナ構成にしないと苦労することでしょうね。

自分は・・・前作と同じで補助や回復がメインだったかなぁ。
後述しますが祐介&春の攻撃組がエライ強いんで。


・モルガナ
前作のクマに近いポジションですが戦闘性能は別モノ。
足が速いため風属性が弱点なら速攻が効き、ダメでも戦闘開始直後からマハスクンダをかけれるため、ザコ戦ではなかなか優秀。
宝石悪魔&弱点がわからない敵への(運頼み)ミラクルパンチも魅力的。

回復や蘇生スキルを揃えるものの、自身のHPが非常に低く真っ先にやられやすいのが欠点か。


・坂本竜司
ヤンキーにして雷属性を所持&物理攻撃が強い前作のカンジをどうにも意識してしまうキャラ。
ただ(カンジと違い足が速い代わりに)ダウンした相手に特別強いわけでもなく、電撃魔法にしても感電の仕様が変わり物理での追撃がしづらく、正直使い勝手としてはやや微妙。

終盤のボスは基本弱点がないため、そういった相手へのチャージ→物理スキルの鉄板コンボで活躍したくらいか。


・高巻杏
初っ端から親友が自殺未遂という、とんでもなく重いイベントが炸裂。
コープもその親友関連がいくらか占めるため、見た目に反して非常にシリアスなイメージを抱いてしまうキャラ(´∀`;)

戦闘では前作の雪子をベースに(雪子の弱点といえた)補助系を多少混ぜた感じか。
ただ回復は単体しかできない上にモルガナや真がいるので即削除しましたけどね。
火炎さえ通れば、終盤ボスは竜司と同じくコンセントレイト→魔法のコンボで活躍できるかと。


・喜多川祐介
素早さの心得に加えハイパーカウンタを持つためダメージを受けづらく、バトンタッチからの追撃で威力が跳ね上がるスキルを多数習得。
敵に弱点さえあればザコだろうがボスだろうが驚異的な火力を発揮。
多くのプレイヤーがかつての人修羅のごとく死亡遊戯で暴れまわったことでしょう。

ブースターを覚えないので冷気魔法の威力に乏しいのが欠点か。


・新島真
優等生らしく高い水準でバランスのとれた強力なキャラ。
全体回復に加え早い時期にエナジーシャワーを覚えるのでパーティー立て直しの際に役立ち、足の速さ+ハイブースター付きの核熱でザコ戦では活躍。
とりあえずで入れておける最有力のキャラかと。

ちなみに多くのサイトで行われてるキャラ人気投票。
自分の見た限り全ての箇所で真は上位にいたり。

・・・わかるわ(*´ω`*)←1周目彼女にした


・奥村春
終盤に加入するキャラということもあってか高性能なスキルを立て続けに覚えるため、正直どのスキルを削るかで非常に迷ったキャラ。
ただカーン系はそこまで出番あるわけでもなく、主人公でも代用できるので自分はアッサリ削除。

ブースター&ハイブースター付きの念動に加え、精密射撃+急所打ちを付加したワンショットキルの攻撃特化。
アムリタシャワーも残したため、念動は全体攻撃しかできなくなりましたけどね。


・明智吾郎
前作にも自称切れ者のズッコケがいましたが、今回は自作自演の名探偵が登場。

・・・もう字面で笑ってしまうんだが(´∀`;)

ただ4のアイツに比べると頭の回るシーンが数多く描写されるため、普通に有能なイメージはありましたけどね。
初っ端にやらかし、しかもその単語がパンケーキなため5ちゃんやらではパンケーキ呼ばわりされるとかw

しかしキャラの立ち位置的には割と微妙な感もありましたな。
シドウへの復讐(のような何か)は理解できますが、1人に固執する理由が不明。
敵も多いであろうシドウ、共闘できる人間なぞいくらでもいたと思いますが。

主人公とのライバル関係にしても、イゴール(偽)によって元々仕組まれていたことを明智本人が知っているのか謎。
知らなかった場合、主人公×明智って特に対照的な存在でもないため、やや浮く印象が。

ロイヤルでいくらか追加要素あるようですが、できるなら明智の設定部分を新キャラあたりでフォローしててもらいたいものですな。
4のアイツにしてもゴールデンでコミュ追加とかされたわけですし。


一時的に加入した際の戦闘面は・・・4の直斗の劣化版?
直斗は多くの属性を扱うものの単体攻撃なのが欠点でしたが、この明智は祝と呪だけですからね。

まあ最初からメギドラあったり物理でもメガトンレイド持ち、なかなかの万能ぶりを披露しましたが。



コープについて。
私的に恩恵が強かった&弱かったコープを感想と共に紹介。

◇役立ったコープ
1.死神(武見妙)
最重要。
SPを回復させるアクセサリがないとダンジョンの探索もままならないため。
初期の初期からコープ解禁するため上げやすく〇。
また死神は強いペルソナが多く(ランクを上げておけば)合体の際にも有用かと。


2.隠者(佐倉双葉)
メメントスの探索が効率化されるサーチ。
実質ノーリスクで敵の(こっちがKOされる)攻撃をブロックしてくれるファイナルガード。
不意打ちされても逆転して一気に有利に(なることがある)ポジションハック。

どのスキルも優秀でパーティーメンバーとしてはぶっちぎりでランク上げる恩恵が大きかった印象。
ただ頻度が高く演出も長い上、そこまで役立つわけでもない「お宝スキミング」の存在が少々ジャマだったか。


3.運命(御船千早)
金が無限に必要なゲームなので金運占いは大事。
日数消費なしで指定したキャラの好感度を上げられる相性占いも魅力的。

問題はコープを始めるのに10万必要な上、各種占いにも金がかかることか。
ゲーム後半あたりから重宝しましたね。


◇役に立たなかったコープ
1.悪魔(大宅一子)
どこまでランクを上げてもパレスの警戒度に関するスキルのみ。
そもそも敵シンボルの動きはそこまで賢くないため、全く必要性を感じられず。
人間パラメータの要求なしでランク10までいくのが唯一の救いか。


2.刑死者(岩井宗久)
コープ開始に度胸4&途中で度胸MAXが必要な上、銃の性能をどんなに上げようが弾数制限の課題をクリアできないため、活躍する場面がほとんどなく。
同じ銃スキルとしては、先制攻撃や確定ダウン攻撃ができる織田のほうがはるかに優秀かと。


3.女帝(奥村春)
役に立つうんぬんではなく、ランクを上げないとバトンタッチすらできないのにコープ開始に器用さMAXが必要というハードルの高さがネック。
加入時期が遅いため育成期間も短く(=優先して上げないといけない)、野菜栽培にしても(ルブランのコーヒーもあって)どうにも微妙な印象が。


こんなトコですか。
ストーリーが好きだったのは・・・太陽(吉田寅之助)ですかね。

若いころスキャンダルで潰れてたり、政党の派閥やらの話が出たり、ゲームで表現される政治ネタとしてはなかなかリアリティのある内容。
ある程度歳くってるユーザーじゃないと楽しめないのが欠点ですが(他によくやる)洋ゲやギャルゲじゃまず見かけないのですっごい新鮮でしたわ。

現実の政治家も、こういう人が権力持つようなことがあると多少は国の立て直しに期待できるんですがねぇ。
でも権力持つと人って変わっちゃうだろうからなぁ・・・所詮は夢物語か(´・ω・`)




その他プレイ環境とか。
赤と黒を基調とした奇抜なメニュー画面がまず特徴的か。

プレイ開始当初は「こんな色合いじゃ絶対目が疲れるだろ(;´Д`)」と思ったものの、意外とそうでもなし。
特に不足するような箇所もなく、ムダなロード時間やらも皆無で今となっては快適そのもの。

ロードといえばダンジョンでのマップ移動あたりでの演出なんかもなかなか独特。
PS3は知らないですけどPS4はあの演出だけでロード時間終わるためストレスやらも皆無。

逆にストレスといえばコープ解禁あたりを筆頭に現実(=尋問室)に戻されるシーンか。
演出自体が長めで、かつあそこの冴のセリフって別に中身も何もないので存在意義がね・・・。

だって小学生相手にゲーセンで遊んでただけの織田コープを「有能な指導者」呼ばわりですよ?
あそこで一気に無能なイメージが冴についたんですが(´∀`;)


他には・・・まあこれはゲームの仕様ですけど、今作の戦闘の難易度だとオートで戦う機会ほとんどないですよね。
通常スピードでの物理攻撃の演出を短くできれば良かったか。



レビューのレビュー(フリートーク)です


老人の再教育を希望するヽ(`Д´)ノ


最近入ってくるバイト老人がガチで酷い。
ウチの面接って肉体労働ってこともあり形式上だけで、(面接に)遅刻さえしなければ自動的に入れるくらいヌルいんですけど、これを撤廃してほしいくらい酷い。
カスが来るなら人いないほうがマシ。


・ケース1 面接時点で既にタメ口
そっちがはるかに年上なのは事実だけど、アンタらはお客様ではないのだが。
こっちが採用するか決める立場であって、そっちは働かせて欲しいとお願いしに来てるわけなんだが。

せめて契約して対等の立場になってからにしろや(;´Д`)
第一声から「お前ここの社員か?」的なこと言われたとき、あまりにビックリして声も出なかったぞ。


・ケース2 意味もなくモノを破壊する
モノってのは会社の備品とかな。
明らかに叩きつけたような壊れ方したのあったから問い詰めたら「イライラしてた」とか言ってくんのよ。

・・・ふざけんなよ(´Д`)
老人どもだって会社勤めしてたんだから、備品がタダで無限に出てくるわけじゃないのわかってんだろうに。

あとその「イライラしてた」ですら、なかなか言わないんだよね。
問い詰めても黙ってるの、しばらく。


・・・小学生かよ(´Д`)ノ


・ケース3 自分の来る日を忘れる
メモしとけって言っててもメモ自体を忘れる・メモした紙を失くす・・・そして来ないっていう。
その上「若いヤツらはメモとかしてないじゃないか」と反論してくる。

・・・若いヤツらはスマホで予定表を撮影するからメモなんて必要ねーんだよ。
それを説明しても「スマホなんか使えねー」とか言ってくるヤツもいるし。

どうせ来る日に毎回電話とかかけたら怒るんだろ?
どうしろというのか。



こんなんばっか。
少子化がずっと続いて、学校も教師も飽和してるんでしょ?今って。

だったらその施設や人員使って、老人再教育するシステムを構築してくれないかね。
どんどん高齢化社会になるの確定だし、全く的外れなこと言ってるつもりもないんだが。


・・・まあこの調子だと(仮にその手のが作られても)施設内で暴行事件やらが多発、教員側がストレスで壊れる、あたりの問題ばかりが発生するでしょうけどね。

あらゆる意味でこの国に未来はなさそう(´Д`)ノ



   
inserted by FC2 system inserted by FC2 system