リプキス 

いつもの(=PSNセールで買った)。


俺的な印象

4人いるヒロインのうち3人は「ゲーム開始時点で」既に主人公にゾッコン!
残り1人も共通ルート終わる頃にはゾッコン!

どのキャラも専用ルートは(共通ルートでも行った)京都にまた行くだけ!観光箇所も同じ!
物語にほとんど起伏がなくただイチャイチャするだけ!
それもあっという間に終わるお手軽すぎるボリューム!


・・・まあ端的に言ってしまうと
クソゲだね(´・ω・`)

唯一のウリといえる各ヒロインのイラストが大好き、かつ諸事情でPC版がプレイできない人。
あるいは日常に疲れきってて、脳死でギャルゲをプレイしたい人。

このどちらかに当てはまる人ならアリと言えなくもないですが、それ以外の方はどんな値段で買っても後悔しか残らないかと。

つーかそもそもyoutubeに全ヒロインのプレイ動画が転がってるんだよね。
興味ある人はそれ見て終了が最適解。


・・・さすがにメーカー側で対処すべきことなんじゃないのかねぇ。
ギャルゲってシナリオ読まれちゃったらその時点で価値なくなっちゃうじゃん。




つーわけでグラフィックから。
さっきも書いたようにコレが唯一のウリ。
絵柄がイマイチ・・・な人はどうあがいてもクソゲにしかなりません(´Д`)

背景はそれなりに描きこまれてはいるものの、メイン舞台とさえいえる京都に大して割いてないのが残念なところか。
こんだけ散々登場するなら(実際の京都における)有名な観光地全てを用意しても良いくらいなんですが。

ヒロインだって4人しかいないわけですし。




音楽。
前作のキスアトはまだ記憶に残る曲が多少あったものの、今回は当たり障りのないモノばかりという印象。

各キャラのテーマも・・・そもそも存在するか?(´・ω・`)
4周やってどれが誰のテーマなのかも把握できないってことは、今回用意自体されてないっぽいですな。




CV(声)について。
今作が京都擦りゲーならば、今シリーズはあじ秋刀魚をひたすら擦るだけ。
といっても、まきいづみだの青山ゆかりだのと違って毎回声が同じというわけじゃないんで、何も問題ないんですけどね。

今回はお姉さんキャラでしたけど、前回のキスアトは後輩キャラやってましたし。



最後にプレイ環境。
ワガママハイスペックのレビューでも多少触れたんですが、前作キスアトと違いiMelが関わってないんで非常に良好です。

ネガキャンなどではなく、ガチでココが関わるギャルゲってシステムズタボロになるんで、VITAでギャルゲやろうって人は注意を(;´Д`)



各シナリオの印象

◇五ヶ谷奏撫(2020/01/05)


・・・うおお( ゚д゚)



最初から主人公大好きだから仲良くなるまでの過程ゼロ。
なので告白シーンも(そこに至るようなイベント皆無で)何の中身もねぇ。

あとは2人だけの修学旅行という名目で背景やらを使いまわし、ちょっと試練が訪れたかと思えばハヤ姉が一瞬で解決策を思いついて終了。


・・・オレ今までこんなシリーズの感想を丁寧に(?)書いてたのか?
こんなん何も書けなくね?(´・ω・`)

専用入る前からイチャイチャしてるだけだから物語に一切の起伏がなく、相変わらずいてもいなくても関係ない男キャラなど、味付けも無味無臭みたいな状態。

そこらの同人作家でも(単なるラブコメだろうが)もうちょっと内容あるものを作れると思うんだが。


次キャラの感想、本気で無いかもしれない。
たま〜にこの手のこと言うけど、今回はマジで危うい。
だって1周目の感想なのに、これで終わりだもの。




◇双葉咲希(2020/01/09)


さすがにクソゲすぎひん?(;´Д`)


共通ルートで既に行った京都を使いまわすだけの専用ルート。
まだ2周だけど、どうせコレ残り2人も同じだよねぇ。

ヒロイン4人しかいないんだぜ?
京都にしたって、感心するほどの背景が用意されてるわけでもないんだぜ?
超えちゃいけないラインを超えてしまった手抜きとでも言うべきか。

いっつも微妙なギャルゲプレイしてるけど、今回は本気で呆れたわ(´・ω・`)


あ、咲希自体は大昔の正義感丸出しヒロインみたいなノリで、そんなキライじゃなかったです。
あっという間に主人公にメロメロになってしまったのは少しもったいなかったですけど。

あとデレてから延々膝枕して寝るだけのイベントが繰り返されるのも・・・ってかココも相当手抜きだよな。
告白後、ロクにデートもせず寝てばかりであとは使いまわしの京都。
そしてそのままED。

感想書けないというか、書く気にもならん。




◇五ヶ谷羽耶音(2020/01/12)


超絶つまんなかったんだけど(´∀`;)


付き合い始めてからショッピング行ったじゃん?
そこで福引券とかもらったじゃん?
3周目ともなると、もうその瞬間わかるよね。

「ああ、これ京都旅行が当たるヤツだ」

って。
んで案の定京都へ。
いつもどおりのコースまわって終わり。
ハプニングもなんもなし。
しかもそのままED。

唯一課題というかテーマだったのが「カップルじゃなく姉弟にしか見えない」という主人公の悩み・・・何と単なる占いの結果で解決へw

そりゃ気持ちの問題かもしれんけどさ、占い程度で切り替えられるのって悩みってレベルに到達してないんじゃ(´・ω・`)

一瞬「実は主人公って凄く背が低くて、それが原因で姉弟扱いなんじゃ」とも思いましたが、EDの一枚絵だと余裕でハヤ姉より背が高いという。

じゃあメチャクチャ顔が似てるのか?・・・いや、まともに考えるだけアホらしいな、このシナリオじゃ。


あとは唯梨と京都行けば終わり。
エロゲ版の発売当初ってある意味話題になったんじゃないだろうか。

このひたすら京都を擦るだけの内容にw




◇双葉唯梨(2020/01/15)


安定の再放送


最初から主人公のことが好きな子に告白されて京都行って終わり。

独自の部分としては主人公に(告白後も)「好き」と言ってもらえないことに悩む唯梨、なんてのがあったけど・・・どうにも不自然で「シナリオ」として組み込んだのが透けて見えるのがねぇ(´Д`)

だって相当な回数「好きです」とか「大好き」とか言われてんのに、それに対する主人公の返事が「うん」と「ありがとう」だぜ?
照れがあるといっても既に付き合ってるわけだし、数回に一度くらい「俺も好きだよ」的なセリフ自然に出るものだろ。


しかしこのシナリオに限ったことじゃないけど(特に一枚絵のないイベントにおいて)進行が淡泊極まりないよね。


ヒロイン「旅館の晩御飯は何だろう?」

ヒロイン「カニだー!」

2人で夕食を堪能した


ヒロイン「時代村の雰囲気良かったですね!」

主人公「ああ」

その後も2人で観光名所をまわった


こんなんばっかり。
雑談を広げるとか一枚絵のない部分でもテキスト頑張るとか一切ないから、単にあらすじを聞かされてるような気分になる(´・ω・`)

1イベントを長くしすぎるとダレるのも事実だけど、これはあまりにもコンパクトにしすぎ。
6人とかヒロイン用意してるならまだしも、4人なら多少エピソードと言えるレベルのもの挿入しなきゃダメでしょ。

特に今回の唯梨は京都に以前住んでた設定持ってて、時代村なんかは来た経験あるわけだし、いくらでも話広げられると思うのだが。


これで終わり・・・かと思いきや、VITA版の特典として妹のまゆりにもシナリオあるみたいで。
色んなギャルゲレビューに書いてる気がするけど、最近のギャルゲって必ず妹攻略できるよな(´∀`;)

オマケ程度か正規レベルのボリュームなのかは不明ですが、まあ何か書きたいことあれば追加します。




◇立石まゆり(2020/01/16)


突然終わったw


他キャラと同じ進行だったからActが6まで続いてEDかと思ったら5で終わりって。
まあ恋人になるわけにはいかんから、明確な区切りがないのはやや仕方ないけど。

シナリオとしては、やはりというか


京都に行かなかった


これか(´∀`;)
全キャラコピペみたいな内容の中、唯一(大した内容ではないとはいえ)独自のシナリオ展開。
どうせなら新規背景が用意されるような箇所にデート行って欲しかったがなぁ。

せっかくの追加シナリオなのに、何でまたしても風邪ネタなのか。
この兄妹病弱かよ。

あとは特にないかな。
兄妹でイチャイチャするなら同衾くらいが限界だろうし。


これにてリプキス終了。
キャラ好感度・・・共通終わる頃には全員フラグ立ってるような状態になっちゃうから、好きも嫌いもあんまないなぁ(´Д`)

咲希だけは(↑で書いたとおり)多少の個性はあったと思うんですがね。
修学旅行で不良に絡まれた際の言動なんて懐かしささえ感じたり。

ちなみにトロフィー順だと

1.咲希
2.奏撫
同率2.羽耶音
4.唯梨

だったり。
・・・唯梨って大人しい見た目と反して積極的なアピールが多いタイプですけど、世間ではあんましウケ良くないんですね。
あるいは地味な見た目が良くなかったか。



レビューのレビュー(フリートーク)です


今のゲームならではの楽しみ方(?)もあるのだよ


最近では日課となりつつあるyoutubeでウロウロしてる際に



こんなシリーズがあるのを発見しましてね。
再生数からしてそれなりに有名みたいなんで、知ってる人もいるかもしれませんが。

もう今の時代って大作の部類になると(背景や建造物において)その手の専門家が真面目に考察できるレベルになったんですな。
もちろん仕事として引き受けてるって点もあるでしょうけど(専門家が)たかがゲームって見方をしてないですからね。


しかし開発費の高騰もあって、海外はアサクリやBFなど実在した過去の都市を舞台にしたゲーム結構ありますけど、国内ってほとんどないですよね。
せいぜい龍が如くにおいて、(一昔前の)東京の一部地域が舞台になってるくらいで。

個人的にはアトラスの女神転生で、昭和後期〜平成初期あたりのトウキョウの各都市をガチで緻密に作って欲しいものですけど・・・もう看板は明らかにペルソナだからなぁ(´Д`)

スパイダーマンだかで自分の家がゲーム上にちゃんと存在してて歓喜する外人、みたいな動画見た記憶ありますけど(家とまではいかなくても)利用したことある駅やらがゲーム上で細かく再現、なんてのを体験してみたいのです( ´∀`)



   
inserted by FC2 system inserted by FC2 system