真・女神転生V  −NOCTURNE−

デビルサマナーやペルソナ等、様々な派生モノを経たのちついに登場した正当なる女神転生シリーズの新作。

俺的な印象


良くも悪くも女神転生か。


もうホントの本気で真っ当な女神転生でした・・・(^_^;)
初登場がSFCだったUに比べると、格段に各種技術(グラフィックやら容量やら)が進歩してるのにもかかわらず、根源となる部分に女神転生の匂い・雰囲気が残ってるのは、何だか嬉しかったですね。

いつもどおりトウキョウが舞台で、(名こそコトワリと変わったものの)いつもどおり以前で言うLAWルートやらCHAOSルートやら進む道を選択肢で決めていき、あとはひたすらにダンジョン、と。

最近はCGばかりでなく(物語・舞台設定といった)底の底から変わっちゃってきてるFFシリーズなんかに比べると、かなりオールドユーザーにも入っていきやすい感じを受けました
( ´∀`)b

少なくとも求めているモノ(=主に雰囲気)と全然違ってたってことはないだろうと思います。


・・・と、ここまでは最初に思った良かった点。
お次は同様に悪かった点。




なんだか今回システムが中途半端。



軸となる戦闘システムを指してるわけではありません。
いつもの女神転生に欠かさずあった



・ヒロイン(=パートナー)がいない
・マグネタイトがない
・(イケニエ合体が一応代わりにあるとはいえ)3身合体がない
・ルートはあっても属性のLAWやらCHAOSやらがない
・前列&後列の概念がない。戦闘参加人数も6人から4人に減少
・装備の概念がほぼ無いに等しい
・その影響で銃もない



と、この辺の要素が全滅しとります。
他にもシリーズの象徴でもあった悪魔との会話が今回主人公まで悪魔である影響か、もはや会話というよりは単純にスカウトと言えるようなものであったりと、全体的に一般ユーザー向けに簡略化・単純化されてます。
昔から女神転生やってる人間としては破壊神・魔神・魔王・邪神等を混合させてパーティーを組めるのはかなり違和感出ましたね
(^_^;)

ただまあこれだけなら「最近全体的に難易度がヌルくなってるRPGに女神転生も適応させようという考えなんだな」と納得いきます。



が、



・いつもどおり主人公が死んだら問答無用でゲームオーバー(しかも今回主人公が悪魔なせいで破魔でも一撃で終わる)
・昔と変わらない広大なダンジョン&最近のRPGにしては随分複雑なギミック
・の割にソウルハッカーズのような『どこでもセーブできる』類のシステムがない
・基本的にエンカウント率が高い
・理不尽の一言に尽きるバックアタック




と、この辺はオールドだの一般だの以前に純粋に厳しい要素です。

結局のところ何が言いたいのかというと、
新規に一般ユーザーをゲットしたいのか、それともオールドユーザーを大事にしたいのか、よくわからんってことです(^_^;)



どっちにも対応してると言えば聞こえは良いですが、少し言い方を変えれば最近の一般ユーザーには全体的に厳しい難易度でしょうし、オールドユーザーにはシステム面でなんだか物足りない、と。

完成度という点は特に不満ないですが、どうも方向性が中途半端だったような気がしますね。



話は急激に変わってストーリーについて。



コレは今を意識すべきだったのでは? (´Д`)ノ



手法というかアプローチというか・・・まあプレイされた方はなんとなく思ったことでしょうが、SFC時代と大差ない進行の仕方です。
何事に関しても必要最低限といった感じで、1つ1つの事柄が深く語られないんですよね。

あ、ちなみに今挙げたことに関しては不満ってわけじゃないです。女神転生は元々こういうストーリーの進行でしたから。



ただココで今回ヒロインが不在なのが大きく(マイナス要素として)響いてる感がします。


相変わらず主人公は一言もクチをきかないいわゆるドラクエタイプ。
いつもなら主人公のクチ代わりと言えたヒロインがおらず、かつてのスプーキーズのような面々もなし(強いて言えばヒジリか)。

結果すっごいストーリーの流れが淡白に感じるんですよね
(;´Д`)


『主人公がとある行動を起こした結果かの場所に変化が』

『というわけで次はそこへ向かう』



こんなんの繰り返しです(^_^;)

普通のRPGだとせめて



『主人公がとある行動を起こした結果かの場所に変化が』

『それに関しての各メンバーの心境やらが語られるシーン』

『というわけで次はそこへ向かう』



くらいはあります。

さっきはFFを批判の対象みたいな書き方してますが、コレに関しては全然FFのほうが『ストーリー&キャラに感情移入しやすい』等の点で優れてますね。

一時期だけでも良いので、ヨスガやムスビに傾いた際、千晶や勇と一緒に行動するようなイベント・ダンジョンなんかを用意しても良かったかと。
あるいはフトミミあたりとか。



また話はガラリとチェンジ、戦闘について。




スリル満点・・・ (;´Д`)



総合的に見るとなかなかおもしろく作ってあるんですが、あまり良い印象はありません(^_^;)
むしろやたら運の要素が絡むことに多少腹さえ立ってます(笑)。

プレイされた方はもちろんわかるでしょうが、
とにかく攻撃をはずした際のデメリットがデカイシステムになってるので、運悪く2連発ではずしたりするとホント笑えないです・・・。

そしてこのシステムにより、今回は何はともあれスクカジャ等命中関係の補助スキルが命。
コレないと(後半戦は特に)生きれません。



そして理不尽極まりないバックアタック・・・。
(各キャラに対する最初の攻撃が)必ずクリティカルになるのに加え、システムの関係で行動力の消費は普段の半分になるという卑劣ぶり
( ´Д⊂

序盤とか後半うんぬんに限らず、5〜6匹ほどの相手にバックアタックもらったらゲームオーバー覚悟しなきゃなりません(^_^;)
その他確率を抑えるスキルはあってもゼロにはできなかったり、そもそも8つしか入らないスキル枠にそんなん入れてる余裕はなかったりと、悪い点とは言いませんが、悪く言いたくなる要素です(笑)。



・・・まあとりあえずはこんなトコでしょうかね。
あとはいつもどおりグラフィックやらの感想+EDについて少々。


グラフィック。
メッチャ純粋に進化してると思います。
ポリゴン&ムービーの質はまあPS2での平均レベルくらいかと。ただポリゴンに関しては私は先にXBOXの『真・女神転生NINE』をプレイしてるためややショボく見えたのも事実ですね
(^_^;)


音楽。
もうまさにこれぞ女神転生!!って感じですね
( ´∀`)b
ギンザやイケブクロ等一部過去の作品のリメイク曲を含め、とにかく『いつもの雰囲気』が残ってます。
質うんぬんも別に悪いと思いませんでしたし、音楽に関しては実に良かったです。


プレイ環境。
可もなく不可もなくってトコでしょうか。
気になったのはターミナルでのセーブや転送時の演出が一部飛ばせない、同じくゲームオーバー時の演出が飛ばせないってあたりですかね。
まあそこまで不満って点でもなく、その他ロード時間等は全体的に短めでまとめられてるので快適にプレイすることができました。



EDについて。
私は少し特殊で、各コトワリを無視したいわゆる祐子先生寄りのEDでした。
どのコトワリにも賛同せず、なおかつ自分が悪魔だと認めないような選択肢を選んでいくとこのEDになるようです。
まあ私は最初から狙ってたわけじゃなく偶然このEDになったんですけどね・・・
(^_^;)

当初はヨスガ寄りの選択肢で進めてたんですが、千晶が魔丞、力を得た瞬間やったらエラそうな態度とるようになったのになんだか腹が立ちフトミミに加勢。結果どこにも属さなくなったわけです(笑)。
なので氷川も千晶も勇もみんな殺してます
(^_^;)


んでこのED自体の感想なんですが、相当萎えました
(´Д`)ノ
他のED見てないので他はもっとまともなのかもしれませんが・・・・・にしたっていわゆる夢オチはどうかと(^_^;)
祐子センセのみなんとなく何が起こったのかわかってましたが、他の人間達は何もなかったように生活送ってますからねぇ。

まあ千晶や勇が再び元気な姿見せたのは一応良かったっちゃ良かったんですが。


レビューのレビュー(フリートークです)
今回はいつもと少しだけレビューの構成を変えてみました。
と言っても所詮グラフィックやらを後ろにまわしただけって噂もありますけど
(^_^;)


あ、私のカグヅチ撃破時のパーティー及び役割ですが


主人公 LV81
デスバウンド・マカラカーン所持。
アイテムでMPを回復しつつ常にマカラカーンで魔法反射が仕事。ヒマになったらデスバウンドも使ってました。
ちなみに私は成長のさせ方が極端で、力は40(=MAX)で魔力は一桁です(実話)。
なので恐ろしくデスバウンドが減る反面、高揚付きでも竜巻やらで全然ダメージ与えられなかったりします
(^_^;)


カーリー LV76
デスバウンド・フォッグブレス・雄叫び・スクカジャ所持。
相手のステータス下げてからひたすらデスバウンド。ただそれだけです
(^_^;)
しっかしNINEでは不甲斐なかったカーリーですが、今回は鬼のように強いですなぁ・・・。


セイテンタイセイ LV65
八相発破・タルカジャ・ラクカジャ・スクカジャ・テトラカーン所持。
順当にオンコットから成長させてます。
まあプレイされた方はわかるでしょうが、ラクカジャないとラスボス戦突破できませんので、ある意味コイツが生命線でした。


ティターニア LV67
完全な回復要員。メディアラハンと常世の祈りではっきり言ってどんな状態からでも全快できます。
ザコ戦では絶対零度も相当役に立ちました。
弱点もないですし、地味に強力なキャラかと。



その他サブはもうどこからメンバーにいるのか覚えてもいないLV50のヴァルキリー(笑)。
メギドラオンを目指してリリムから変化させたものの、結局途中で投げ出したリリス。
あとは見覚えの成長を持ってるキマイラ、スカディ等ですかね。

あんまりメンバーの入れ替えをしないので、他にも2〜3名見覚えの成長持ってる仲魔がいます。
いやぁ、プルキシがヴァルキリーの英雄狩りで簡単に仲魔になるんですわ
(^_^;)
トウキョウ議事堂で死ぬほど繰り返しました。



あ、ちなみにおまけダンジョンはちっとプレイしましたが、なんか面倒になって終了しました(爆)。
別に突破できなくは感じなかったんですが、ビシャモンテンにマカカジャ4回がけの後『龍の眼光→メギドラオン×4』やられたらなんかアホらしくなって・・・
(^_^;)


プレイ時間・・・・・・・51時間。とりあえずクリアしただけって感じです。前述したとおりおまけダンジョン終わらせてませんし、その他悪魔全書やらもスカスカです。

BACK

HOME

inserted by FC2 system